花の名前 検索
五十音 検索
(野草他)木の花
木の花 ア〜ノ ハ〜ワ
科名検索 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
色 検索 白色 ピンク 赤色 オレンジ 黄色 緑色 青色 紫色 茶色 混色
花期 検索
食べれる野草 野原 里山 水辺 海辺 木の実
 名前 アオカラムシ 茎の上部に雌花の集団(雌花序)がつく。雌花は球状に集まり、穂に並ぶ。茎の下部は集団(雄花序)がつく。昔、茎や幹を蒸してっ繊維をとったとされる。






 別名
 科名 イラクサ
 属名 カラムシ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1〜1.5m
 環境 山村道端や林
 分布 本州〜沖縄
 名前 アオキ 茎の上部に雌花の集団(雌花序)がつく。雌花は球状に集まり、穂に並ぶ。茎の下部は集団(雄花序)がつく。昔、茎や幹を蒸してっ繊維をとったとされる。






 別名
 科名 ミズキ
 属名 アオキ
 生活型 常緑低木
 花期 3〜5
 草丈 1〜2m
 環境 山地
 分布 本州〜沖縄
 名前 アオノツガザクラ 高山の岩上に生える。下部は地を
這い、良く分枝する。






 別名
 科名 ツツジ
 属名 ツガザクラ
 生活型  常緑矮性低木
 花期 7〜8
 草丈 5〜20cm
 環境 高山の岩上
 分布 中部以北〜北海道
 名前 アオマムシグサ 形がマムシを連想させることからマムシグサと名がついた。(紫褐色)
初めて咲く段階では、雄花が咲く。球根が大きくなると雌花が咲く。






 別名
 科名 サトイモ
 属名 テンナンショウ
 生活型 多年草
 花期 4〜6
 草丈 50〜100cm
 環境 林・森
 分布 日本各地
 名前 アオヤギソウ 草姿も花形も同じで花色が暗紫褐色のシュロソウの花から暗紫褐色の色素がなくなって緑花になったのが、アオヤギソウである。花が緑色。上部の葉は柳の葉に似ていいるのでこの名がついた。





 別名
 科名 ユリ
 属名 シュロソウ
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 15〜60cm
 環境 深山の林や湿った草原
 分布 北海道・中部以北
 名前 アカウキクサ 浮遊性の浮き草。茎は短く、羽状に分枝して、長さ約2mmほどの葉を密生する。葉は赤緑色から青緑色で、葉の表面には半透明の突起が多数ある。通常夏期には緑色であるが、冬期には赤く色づく。葉は上葉と下葉の2片に分かれており、2列に互生する。根は茎から垂れ下がって水中に伸びる。根の長さは約1-1.5cm。




 別名
 科名 アカウキクサ
 属名 アカウキクサ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 1〜4cm
 環境 水田・胡沼
 分布 日本各地
 名前 アカショウマ 小さな白色の5弁花が枝分かれした小花軸に穂状に多数つく。花の集団は円錐形になる。小葉の基本形は長楕円で、先は尖り、基部はくさび形。






 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 チダケサシ
 生活型 多年草
 花期 5〜7
 草丈 50〜80cm
 環境 東北南部〜近畿・四国
 分布 本州・九州
 名前 アカソ 花の集団は細いひも状。茎の上部につくひもは短い毛が団子状にあつまっている。これが雌花集団である。一方、茎の下部には魚の卵が集まったようなひもがある。これが雄花集団である。茎は赤く、細い。葉には細くて長い葉柄がつく。葉柄も赤い。葉は円形で先は深く三裂している。





 別名
 科名 イラクサ
 属名 ヤブマオ
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈 50〜80cm
 環境 山地の森蔭・沢沿いの斜面
 分布 日本各地
 名前 アカツメグサ 花は薄紅色から濃紅色でエンドウマメのような豆形のであるがつぼんだ花が多数集まり球状に見える。葉は3枚ノ小葉でなり、長い楕円形の葉にV字形の淡い白色班が入る。






 別名 ムラサキツメクサ
 科名 マメ
 属名 シャジクソウ
 生活型 多年草
 花期 5〜10
 草丈 30〜60cm
 環境 空き地・道端・土手・山地・高原
 分布 日本各地
 名前 アカバナユウゲショウ 紅色のの4弁花が葉の脇に1つずつ咲く。根本の葉は羽根状に裂け、茎に付く葉は長い卵形をしている。






 別名 ユウゲショウ
 科名 アカバナ
 属名 マツヨイグサ
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈 20〜60cm
 環境 市街地の道端・農村
 分布 道端
 名前 アガバンサス 冬でも葉が枯れない常緑種と、枯れて休眠する落葉種の2タイプがある。
多肉質で水分のたっぷり含んだ太い根をもっている。
光沢のある細長い葉を何枚も出します。その間から花茎を長く伸ばし、先端に数十輪の花を放射状に咲かせます。花色は紫、青紫、白など。花の形は先端の大きく開いたラッパ型で横向きに咲くものや、下向きや上向きに開くものもある。



 別名 ムラサキクンシラン
 科名 ユリ(ヒガンバナ)
 属名
生活型 多年草
 花期 6〜9
 草丈 70cm〜1.5m
 環境 栽培種
 分布 南アメリカ原産
 名前 アカヒダボタン 花は4枚の雄しべと2つに分かれた雌しべがある。花弁状のがくは淡黄色である。根から茎を伸ばすほか葉柄を数本伸ばし、その先に葉をつける。葉は円形または手のひらを閉じたような形である。





 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 ネコノメソウ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 10cm
 環境 山地の谷沿いなど
 分布 本(中部地方西部〜近畿地方東部)
 名前 アカミタンポポ 舌状花という花びらだけで穂成。がくに相当する総苞の外側が下にめくれている。






 別名
 科名 キク
 属名 タンポポ
 生活型 多年草
 花期 9〜6
 草丈 10〜20cm
 環境 畑や道端
 分布 日本各地
 名前 アカミノイヌツゲ 葉は枝に互生で一つの節に一枚、互いちがいに付きます。葉と枝の間は、短い「葉柄あります。花は白色で、花の付き方は集散花序1〜3個つきます。






 別名
 科名 ツツジ
 属名 シラタマノキ
 生活型 常緑低木
 花期 6〜7
 草丈 2〜3m
 環境 山地の岩場
 分布 中部以北〜北海道
 名前 アカメガシワ 新芽が鮮紅色で、葉が柏のように大きくなることから命名された。 雌雄異株で葉は互生し倒楕円形。初夏に黄色の穂状の花をつけ、果実は秋に熟し刮ハで軟針がある、。







 別名 ヒサギ、ゴサイバ、サイモリバ
 科名 トウダイグサ
 属名 アカメガシワ
 生活型 落葉高木
 花期 5〜7
 草丈 5〜10m
 環境 二次林や空き地
 分布 本州、四国、九州
 名前 アカモノ(イワハゼ) 葉の長さは1.5〜3cm、茎の下部は地面を這い、5月から7月にかけ、白い小さな花を咲かせる。






 別名
 科名 ツツジj
 属名 シラタマノキ
 生活型 常緑低木
 花期 5〜7
 草丈 10〜30cm
 環境 高山の岩場や道沿
 分布 北海道〜本州、四国,
 名前 アキギリ 花は青紫色。鼻の先は上下に分岐した唇形で、基部は細まり筒状である。下唇は3裂し、雌しべは細長い糸状で先が2裂。長い雄しべは2つある。葉は矛形している。






 別名
 科名 シソ
 属名 アキギリ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 30〜50cm
 環境 山地の林
 分布 中部〜近畿
 名前 アキグミ 樹皮は灰黒色。 葉は単葉で互生。 葉身は倒卵状長楕円形。 長さ4〜8cm。
幅は1〜2cm。葉の表面は灰緑色、裏面は銀白緑色。表裏面とも鱗片に覆われる。花は葉腋に1〜6個の花が垂れ下がってつく。 花ははじめ白色で、次第に黄色を帯びる。果実は偽果。直径6〜8mmの球形または楕円状球形で、赤褐色に熟し食べられる。




 別名
 科名 グミ
 属名 グミ
 生活型 落葉低木
 花期 4〜5
 草丈 2〜3m
 環境 丘陵帯から山地帯
 分布 日本各地
 名前 アキチョウジ 花は青紫色で筒状で胴長。花先はは上下に開いた唇形。中に4本の雄しべと1本の花柱(雌しべ)がある。がくは朝顔形で先が5裂している。葉は茎に対生している。





 別名
 科名 シソ
 属名 ヤマハッカ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1m
 環境 山地の林・森のへり
 分布 中部以西の本州・四国・九州
 名前 アキノウナギツカミ 花は淡紅色。半開きで花弁状に五裂している花。中に8本の雄しべと3本の花柱(雌しべ)がある。小さな花が多数集まって球状になる。葉は細長い卵形で茎を深く抱く。






 別名
 科名 タデ
 属名 タデ
 生活型 1年草
 花期 7〜9
 草丈 1m
 環境 草薮・荒地・道端
 分布 北海道〜九州
 名前 アキノキリンソウ 黄色の舌状花4〜6枚。中心部に筒状花がある。茎の上部で枝分かれし、各枝先に花が半球状に集まる。葉は楕円形で茎に互生する。






 別名 アワタチソウ
 科名 キク
 属名 アキノキリンソウ
 生活型 多年草
 花期 8〜11
 草丈 30〜90cm
 環境 山地の草原・丘陵の土手
 分布 北海道〜九州
 名前 アキノノゲシ 花は淡黄色。花びら(舌状花)は円形に美しく咲く。茎の中間から上は細かく枝わかれし、花は円錐状に多数つく。茎を切ると白い乳液が出る。






 別名
 科名 キク
 属名 アキノノゲシ
 生活型 1〜2年草
 花期 9〜11
 草丈 1〜2m
 環境 日当たりの良い土手・道端・草むら
 分布 日本各地
 名前 アゲタラム ポンポンのようなかわいい花を房状に咲かせます。花は柔らかい印象ですが、葉が密につき株もこんもりまとまるので、全体的な印象は締まってみえます。






 別名
 科名 キク
 属名 アゲラツム
 生活型 常緑多年草 1年草
 花期 5〜10月
 草丈 20〜60cm
 環境 山野
 分布 中央〜南アメリカ原産
 名前 アケビ 総状の花序を付ける。雄花・雌花ともに顎が大きく、花弁のように見える。
雄花は多数付き、直径は10〜16mm。雌花は数個付き、直径25〜30mmで大きく、中心部に3〜6個の雌しべがある。
果実は液果で、長さ5〜10cm、直径3〜4cmの楕円形。




 別名
 科名 アケビ
 属名 アケビ
 生活型 落葉つる性
 花期 4〜5
 草丈 つる性
 環境 山野
 分布 本州・四国・九州
 名前 アケボノソウ はなびらは5つに切れ込んで基部はひとつ。内側に少し抱え込んで咲く。雄しべは5本に、その中央にとっくり形の花柱(雌しべ)がある。萼は5つに深く裂け、先は尖る。茎の上部の葉の脇から枝を出し、枝分かれする。枝の先に花を1つずつつける。葉は長めの卵形で茎に大成する。





 別名
 科名 リンドウ
 属名 センブリ
 生活型 2年草
 花期 9〜10
 草丈 50〜100cm
 環境 高山
 分布 西日本
 名前 アサギリソウ 淡黄色の小花が多数集まって球形の花(頭花)になっている。頭花のの周辺の小花は雌花で中心部は両性花。花は茎の片側に多数つく。






 別名
 科名 キク
 属名 ヨモギ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 20〜30cm
 環境 亜高山や高山の岩場や砂礫地
 分布 北海道・東北・中部地方
 名前 アサザ 花は黄色で5弁状に裂けているが基部はつながっている。花びらのヘリは房状に細かく裂けている。朝咲いて、午後にはしぼむ。葉はほぼ円形で葉柄のつく部分はハート形である。






 別名 イヌジュンサイ
 科名 ミツガシワ
 属名 アサザ
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 5〜10cm
 環境 池や沼の浅い場所
 分布 本州・四国・九州
 名前 アサマフウロ 花色は濃紅紫色で花の中心部に白色の軟毛がある。5つのがくの裂片のさきが刺針のようで葉は手のひら型に細く避ける。






 別名
 科名 フウロソウ
 属名 フウロソウ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 60〜80cm
 環境 こうげんの草むら・亜高山の草原
 分布 中部地方
 名前 アザミ(ノアザミ) (キク科)
ノアザミ   ヒレアザミ   キセルアザミ  イブキアザミ
コイブキアザミ    シコクアザミ   オニアザミ   タテヤマアザミ 
ノハラアザミ     ビッチュウアザミ  フジアザミ   ミヤマコアザミ




 別名
 科名 キク
 属名 アザミ
 生活型 多年草
 花期 5〜8
 草丈 50〜100cm
 環境 山野の草原
 分布 本州・四国・九州
 名前 アジサイ 葉は対生し、長さ10〜15cmの卵形又は広卵形で先は急にとがり、ふちには鋸歯がある。
花は枝先に散房花序をだし、装飾花を、球状につける。






 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 アジサイ
 生活型 落葉小低木
 花期 6〜7
 草丈 1.5m
 環境 日陰
 分布 本州・四国
 名前 アシタバ 小さな淡黄緑色の花びらが多数集まって傘型になる。花を支える枝の基部に楕円球を割ったような舟形の包がある。

栽培しています。




 別名 八丈草
 科名 セリ
 属名 シシウド
 生活型 多年草
 花期 7〜10
 草丈 1〜1.5m
 環境 海辺のの岩場
 分布 関東南部・東海・伊豆諸島の草むら
 名前 アスチルベ(チダケサシ) 細かい花弁が5枚で、雄しべ10本の花粉は赤い。花の中心に雌しべがあり、先は2裂し、主茎につく花穂はは鋭角につくので、花のつく枝の幅は狭い。葉は楕円形か卵形で小葉30〜40枚がセットでひとつの葉になっている。





 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 チダケサシ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 40〜80cm
 環境 野山の草原・林のへり・湿地
 分布 本州・四国・九州
 名前 アズマイチゲ 1本の茎の頂部に1輪だけ白花をつける。花弁がなく花びらに見えるのが’がく’である。花の下の3枚の総苞葉は緑色を帯びることがある。






 別名
 科名 キンポウゲ
 属名 アネモネ
 生活型 多年草
 花期 2〜4
 草丈 10〜20cm
 環境 落葉樹林
 分布 日本各地
 名前 アセビ スズランに似たつり鐘状の小さな花を多数咲かせ、良い香りがする。  果実は扁球形のさく果で、花柄は上向きにつく。
幹が硬く、枝は分枝が多く、横に広がる。新枝は緑色、新芽は淡紅  で後に緑色になる。葉は密に互生し、広倒皮針形で革質、縁に細かいきょ歯があり、  革質で毛がない。光沢がある。
夏には来春のつぼみをつける。



 別名
 科名 ツツジ
 属名 アセビ
 生活型 常緑低木
 花期 3〜5
 草丈 2〜9m
 環境 陽地:半陰地
 分布 本州・四国・九州
 名前 アノダ・クリスタータ 茎は木質化し、粗い星状毛(放射状に伸びる毛)が生える。葉は三角状のほこ形で、互い違いに生える(互生)。葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、両面に毛が生える。

原産地は北アメリカから南アメリカ。



 別名 ミズイロアオイ
 科名 アオイ
 属名 ヤノネアオイ
 生活型 多年草
 花期 6〜11
 草丈 60〜120cm
 環境 畑・道端
 分布 日本各地
 名前 アブラガヤ 茎の上部で枝分かれした先に小穂が多数つく。小穂のの長さ5〜7ミリ薄皮(鱗片)がらせん状に並ぶ。熟した実は茶褐色になる。茎は角が丸みのある三角形茎につく葉は線形で50cm前後。






 別名
 科名 カヤツリグサ
 属名 ホタルイ
 生活型 多年草
 花期 9〜10
 草丈 1〜1.5m
 環境 山地の湿地
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 アブラチャン 葉は互生する。葉身は卵形または楕円形で急鋭尖頭、縁は全縁。葉柄は赤味を帯びる。
雌雄異株。3〜4月、展葉に先立って、淡黄色の小さな花を、散形状に付ける。
雌花序には3〜4花付き、花被片が6個、葯の無い雄しべが6個、雌しべが1個、子房は球形。





 別名
 科名 クスノキ
 属名 シロモジ
 生活型 落葉低木〜小高木
 花期 3〜4
 草丈 5m
 環境 山地や丘陵地
 分布 本州・四国・九州
 名前 アベリア 春から秋まで白〜淡いピンク色の花を咲かせます。形は小さな釣り鐘状で先端の花びらが5つに分かれて開いています。






 別名 ハナゾノツクバネウツギ
 科名 アベリア
 属名 ツクバネウツギ
 生活型 常緑〜半落葉低木
 花期 5〜11
 草丈 3〜4m
 環境 どんな場所でも育つ
 分布 中国原産
 名前 アマ 葉は淡い青緑色で披針形、対生します。花は淡い青色の5弁花で、果実は刮ハで、扁平な種子を数個含みます。繊維は織物に、種子は亜麻仁油に利用されます。
地中海地域の東部からインドにかけてが原産





 別名 ヌメゴマ
 科名 アマ
 属名 アマ
 生活型 1年草
 花期 7〜8
 草丈 1〜1.2m
 環境 栽培
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 アマチャ アマチャは、ヤマアジサイの変種の一つで装飾花は,はじめは淡紫色で、やがて淡紅色に変化します。






 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 アジサイ
 生活型 落葉小低木
 花期 6〜7
 草丈 1〜2.5m
 環境 日陰
 分布 6〜7
 名前 アマドコロ 冬の間は地上部が枯れ、地中の根の状態で越します。春になると茎を出して葉の付け根から1、2個の筒状の白花を下向きに咲かせます






 別名
 科名 ユリ(クサスギカズラ)
 属名 アマドコロ
 生活型 多年草
 花期 3〜4
 草丈 30〜60
 環境
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 アマナ 花は一輪だけ咲く。花びらは内側に3枚、外側に3枚の6枚ある。日が当たると開き、それ以外は閉じたままである。






 別名
 科名 ユリ
 属名 アマナ
 生活型 多年草
 花期 3〜4
 草丈 20〜30
 環境 山村の土手・あぜ道
 分布 東北南部〜九州
 名前 アマニュウ 白色のの小さな花が多数集まり傘形に咲く。5弁花で花弁の先はハート形にへこむ。葉は主に9枚の小葉からなる。基部はハート形。






 別名 マルハエゾニュウ
 科名 セリ
 属名 シシウド
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈 1〜2m
 環境 山地・深山の草原
 分布 北海道・本州・四国
 名前 アメリカアゼナ 淡紫色〜白色の目立たない花を咲かせる。茎の断面は四角形で、葉の周辺に鋸歯がある。葉の周辺に鋸歯があること、4本の雄しべの内2本は長くて先端に葯がない。






 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 アゼトウガラシ
 生活型 1年草
 花期 7〜10
 草丈 〜cm
 環境 水田や水はけの悪い畑
 分布 日本各地 
 名前 アメリカオニアザミ 茎・葉や総苞など全草にわたって、長さ2cmほどの多くの鋭くて長いトゲで重武装している。
花の総苞(花の基部を形成している沢山の葉状の苞葉片の集まり)も鋭いトゲになっています。
若い葉も茹でれば葉のトゲは気にならなくなり、和え物やテンプラ等にできます。
海外では民間薬として利用される。




 別名 セイヨウオニアザミ
 科名 キク
 属名 アザミ
生活型 2年草
 花期 5〜9
 草丈 50cm〜1.5m
 環境 野原
 分布 ヨーロッパ原産
 名前 アメリカシャクナゲ 葉は互生だが枝の上部では輪正状につき、長楕円形でネガさ7〜10センチ。革質で厚く、光沢がある。
5月頃、集散花序に淡紅色の花を数十個開く。
花冠は直径2センチの椀形で5裂し、内部の基部に紅色、又は紫紅色の斑点がある。




 別名 カルミア
 科名 ツツジ
 属名 カルミア
 生活型 常緑低木
 花期
 草丈 5m
 環境 森林地帯で、酸性土壌
 分布 北米東部原産
 名前 アメリカフウロ 白っぽい薄紅色の花は目立たない。秋に芽生えて春から夏まで、に小さな花を咲かせる。花弁は長さ5mmほどで、淡紅色からほとんど白色までの変異があるが、淡紅色のものが多い。手のひら形の葉は深く切れ込み、細かい毛が沢山生え、葉の大きさの割には花が不釣り合いなほど小さい。




 別名
 科名 フウロソウ
 属名 フウロソウ
 生活型 多年草
 花期 5〜6
 草丈 30〜80cm
 環境 山地や丘の明るい草むら
 分布 日本各地
 名前 アメリカンブルー 青い小さな花を初夏から秋までの長い間咲かせ、真夏も開花が鈍りません。葉は細かい毛の生えた小さめの灰濃緑で、株は横に広がるように伸びます。ヒルガオ科なので、暗いときは花は閉じたままです。

園芸種



 別名 エボルブルス
 科名 ヒルガオ
 属名
 生活型 多年草・一年草
 花期 6〜11
 草丈 20〜50cm
 環境
 分布 アメリカ原産
 名前 アラシグサ

葉柄の長さが5-20cmになる根出葉が1個あり、葉身は長さ3-7cm、幅5-14cmになり、腎円形で掌状に7-9裂し、裂片はさらに3-5浅裂し、先端はとがる。花茎には短くて白い腺毛が密生し、茎葉が数個つく。花は小型の5弁花が集散状円錐花序につき、色は萼片花弁とも黄緑色で、長さは約2mmになる。雄しべは5個。花柱は2個で直立する。




 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 アラシグサ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 20〜40cm
 環境 やや湿った草地や林縁
 分布 北海道・中部以北
 名前 アリアケスミレ 花の色が変化にとむことから有明の空になぞらえて付けられたもの。葉身が葉柄より長く、葉は
ほぼ水平に広げる。葉の数が多く、4〜7センチ。






 別名
 科名 スミレ
 属名 スミレ
 生活型 多年草
 花期 4(上)〜5
 草丈 5〜15cm
 環境 温暖な地方の耕作地の周辺・河川敷
 分布 本・四国・九州
 名前 アレチヌスビトハギ 葉は3小葉からなり、葉の両面には硬くて短い毛が多い。茎や花軸にも毛が多く、全体的に毛が目立つ植物である。9月頃から長さ6〜9mmの美しい紫色の花を咲かせる。表面はかぎ状に曲がった毛が密生しており、熟すと節から分断されて衣服などにひっつく。





 別名
 科名 マメ
 属名 ヌスビトハギ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1m
 環境 路傍や造成地などの荒れ地
 分布 北アメリカ原産
 名前 アレチマツヨイグサ 夕方から咲ききはじめ、朝にはしぼんでしまう。茎につく葉は幅狭く、鋭角。この仲間はすべて外国から渡来したものばかりで日本在来種はない。






 別名 メマツヨイグサ
 科名 アカバナ
 属名 マツヨイグサ
 生活型 越年草
 花期 7〜9
 草丈 1〜2cm
 環境 都市・農村の空き地
 分布 日本各地
 名前 アンスリウム 耐陰性が強いので周年室内で育てるのが良い。寒さに弱く、冬越しの温度は15度以上が必要。花は棒状の肉穂花序と花びらのような仏炎苞からなり、仏炎苞は下向きに反り返る。苞の色は赤、白、ピンク、緑、黄緑などがあり、厚みがあってろうのような光沢をもち、ハート型、卵形、細長くとがったものなどがある。




 別名 ベニウチワ
 科名 サトイモ
 属名 アンスリウム
 生活型 常緑多年草
 花期 周年
 草丈 25〜80cm
 環境 高温多湿
 分布 中・南アメリカ原産