花の名前 検索
五十音 検索
(野草他)木の花
木の花 ア〜ノ ハ〜ワ
科名検索 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
色 検索 白色 ピンク 赤色 オレンジ 黄色 緑色 青色 紫色 茶色 混色
花期 検索
食べれる野草 野原 里山 水辺 海辺 木の実
 名前 オウトウ(セイヨウミザクラ) サクランボは甘果オウトウ類、セイヨウミザクラという種類です。
葉は倒卵状長楕円形で長さ6〜12cm。散形花序に直径2cmほどの白い花が3〜4個咲く。花弁は5個で倒卵形。果実はいわゆるサクランボで0.5〜2.5cmの球形。






 別名
 科名 バラ
 属名 サクラ(サクラ亜属の果樹)
 生活型
 花期 3〜4
 草丈
 環境 栽培種
 分布 山形県、福島県、長野県で栽培
 名前 オウバイ 黄色の合弁花を前年の葉腋に付けます。花冠の先は普通6つに裂けて平開しますが、八重に裂けるものもあります。
萼裂片も6深裂し、茎の近くには苞と芽鱗片も見られます。





 別名
 科名 モクセイ
 属名 ソケイ
 生活型 落葉高木
 花期 2〜4
 草丈 50cm
 環境 栽培種
 分布 中国原産
 名前 オオアワガエリ 牧草として輸入された。ものが野生化し、寒冷地に雑草として全国に広く分布しています。稈の先から花穂をまっすぐ伸ばします。花穂の長さは数cm〜15cmくらいの円柱形です。そして、長さ3mm程度の「小穂」が密生します。小穂は淡い緑色で、ほとんど柄はなく平べったいです。1つの小穂には1つの「小花」がつきます.




 別名 チモシー
 科名 イネ
 属名 アワガエリ
 生活型 多年草
 花期 5〜8
 草丈 80〜100cm
 環境 端や空き地、荒地、河川敷
 分布 アジア大陸原産
 名前 オオイヌタデ 茎はよく枝をわけ、節はふくれて赤味を帯び、濃い紫色の細かな斑点がある。葉は大きく披針形で、先端は長くとがる。側脈は20〜30対で目立つ。托葉は筒状でふちに毛はない。花穂は長さ3〜10cmで、先端は垂れる。萼は長さ2〜3mmで深く4裂し、淡紅色又は白色。花弁はない。





 別名
 科名 タデ
 属名 タデ
 生活型 1年草
 花期 8〜10
 草丈 1〜2m
 環境 道端や荒れ地
 分布 北海道〜九州
 名前 オオイヌノフグリ 花の色はコバルトブルーで花弁は4枚、雄しべは2本である。
葉は円形でへりに浅くマルミのある鋸歯がある。






 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 クワガタソウ
 生活型 多年草
 花期 3〜5
 草丈 10〜40cm
 環境 広場、田畑の雑草・あぜ道
 分布 日本各地
 名前 オオカニコウモリ 葉は腎形でつぶれた五角形。特徴ある葉の形であり、蟹の甲羅に似ているとの名前である。裏面脈上には曲がった毛があり、ややまばらな散房花序を付ける。小花は長さ8mmほどで白く、5つほどがまとまって総苞に包まれている。





 別名
 科名 キク
 属名 コウモリソウ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 50〜80cm
 環境 温帯のブナ林
 分布 東北・関東・中部・近畿
 名前 オオカワズスゲ 葉はやわらかく、鮮やかな緑色。花序は多くの小穂を円柱状につける。
果胞は嘴が長く両側に短い鋸歯を持ち、脈がある。熟すると開出する。






 別名
 科名 カヤツリグサ
 属名 スゲ
 生活型
 花期 6〜7
 草丈 30〜50cm
 環境 湿地や水辺
 分布 北海道・関東・中部以北
 名前 オオキバナカタバミ(オキザリス) 南アフリカのケープ地方が原産です。
葉は3出複葉、小葉は倒心臓形で明るい緑色
をしています。
表面には暗い斑点があります。
鮮やかなレモン色の大きな花を咲かせます。



 別名 オキザリス・セルヌア
 科名 カタバミ
 属名 カタバミ
 生活型 多年草
 花期 春・秋
 草丈 15〜30cm
 環境 市街地,道端
 分布 本州中部以南
 名前 オオシラビソ 日本の特産種である。
ハイマツを除く針葉樹の中では、もっとも多雪環境に適応した樹種とされる。






 別名 青森トドマツ
 科名 マツ
 属名 モミ
 生活型 常緑高木
 花期 6〜9
 草丈 30m
 環境 亜高山帯
 分布 青森〜福井・静岡県
名前 オオタチツボスミレ 地下茎を持ち、群生して生育し、花時には立ち上がって葉を広げ、花を咲かせる。茎が立ち上がって花は全て葉の腋から出て、最上位の葉の上に花を乗せて咲かせるように見えること、距が白色である点、やや花の色が薄い点など。
葉は長さ3〜5cmで、円心形。




 別名
 科名 スミレ
 属名 スミレ
 生活型 多年草
 花期 2〜4
 草丈 40cm
 環境 落葉広葉樹林下
 分布 北海道〜九州
 名前 オオチョウジガマズミ つぼみは濃桃色ですが、開花するとピンクを帯びた白花になります。







 別名
 科名 スイカズラ
 属名 ガマズミ
 生活型 落葉低木
 花期 4〜5
 草丈 1.5〜2m
 環境 海岸に近い岩場
 分布 中国地方)・四国・九州
 名前 オオデマリ この花は雄しべと雌しべの退化した装飾花で実は付けません。まとまった球状の花は直径10cmから大きなもので20cm近くになり、まさしくオオデマリの名がぴったりです。





 別名
 科名 スイカズラ
 属名 ガマズミ
 生活型 落葉広葉低木
 花期 4〜5
 草丈 2〜3m
 環境 園芸種
 分布 本州'
 名前 オオナルコユリ 茎は高さ1m前後、葉は長さ30cmに達する。葉腋から出た細い花柄の先に、6枚の花被片が合着した筒状の花を2から4個つける。この下向きに垂れ下がる花の様子を鳴子に見立てたことが和名の由来とされる。本種やナルコユリの根茎を乾燥したものが和産の黄精である。





 別名
 科名 ユリ
 属名 アマドコロ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 80〜130cm
 環境 落葉林下
 分布 北海道〜九州'
 名前 オオバウマノスズクサ 管楽器のサキソフォンのような形の花をつける。葉は円形〜三角状、基部は心形で全縁。裏面に軟毛があるが、表面は始めは軟毛があるが、後に無毛となる。





 別名
 科名 ウマノスズクサ
 属名 ウマノスズクサ
 生活型 多年草・つる性
 花期 5〜6
 草丈 2〜4m
 環境 山地・雑木林
 分布 関東以西
 名前 オオバキスミレ 葉は先端が尖った卵型で、基部はハート型に引っ込んでいる。縁に波状の鋸歯がある。下の葉は離れて付く。花の距は非常に短く、また花弁の内側に白い毛がある。






 別名
 科名 スミレ
 属名 スミレ
 生活型 多年草
 花期 6〜7
 草丈 15〜20cm
 環境 山地や林内・草地
 分布 北海道・本州(京都府以北)
 名前 オオバギボウシ 花はろうと形で淡紫色。
葉は丸みがあって大きい。






 別名
 科名 ユリ
 属名 ギボウシ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 60〜100cm
 環境 高原の草地や樹林下
 分布 北海道〜九州
 名前 オオバタネツケバナ 葉は無毛 タネツケバナより大きく小葉は1〜4対、頂の葉は大きく円〜長卵形 長さ1〜4cm幅7〜30mm。
花弁4 雄蕊6本 雄蕊が4本。 花茎 無毛。





 別名
 科名 アブラナ
 属名 タネツケバナ
 生活型 越年草
 花期 4〜6
 草丈 20〜40cm
 環境 谷間・用水路
 分布 北海道〜九州
 名前 オオハナウド 径20cmを越す様な複散花序になり、小花は5弁だが花弁は先端で二股に分かれ、外側ほど大きくなるのが特徴。花の色は白。
葉は20−30cmと大きく、3出葉が多いが羽状に5小葉を出すことも有る。





 別名
 科名 セリ
 属名 ハナウド
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 1.5〜2m
 環境 高山
 分布 北海道・近畿以北
 名前 オオバナミズキンバイ 浅瀬や水辺の陸地に生え、夏場は特に成長が盛んになる。特定外来生物として新たに指定。琵琶湖・赤野井湾が国内最大の繁殖
茎は地表を這って分枝し、花期に茎は直立または斜上し、茎下部からは長い走出枝を水際に向って伸ばす。萼片はふつう5個で、長さ約8mm、花弁はふつう5個で鮮橙黄色、倒卵形で先はすこし凹み、長さ約13mm。
雄蕊はふつう10個、花粉は単体。花盤はやや発達し、屈毛が多く、花柱は無毛。柱頭はやや扁平な球状。
果実は円柱形で長い柄を持ち、堅く、内部に硬いコルク質の内果皮につつまれた種子が並ぶ。
 別名
 科名 アカバナ
 属名 チョウジタデ
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈
 環境 水草、浅瀬や水辺の陸地
 分布 南米・北米原産
 名前 オオバノヨツバムグラ 茎は四角形で3つの脈が目立つ。
葉はこの仲間では一番大きい。茎の先や葉腋から細い花穂を出す。黄白色の花冠は直径
2.5〜3oで先が4裂する。





 別名
 科名 アカネ
 属名 ヤエムグラ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 15〜30cm
 環境 亜高山帯の針葉樹林下
 分布 北海道〜九州
 名前 オオバミゾホオズキ 葉は卵形〜卵円形で長さ2.5〜6cm、柄がない。
花は上部の葉腋につき、花冠は筒型で、長さ2.5〜3cm。






 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 ミゾホオズキ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 20〜35cm
 環境 亜高山のの湿地や沢沿
 分布 北海道・東北・関東・中部
 名前 オオヒナノウスツボ 茎は有毛。葉は対生で卵形〜長卵形、鋸歯がある。
花冠の長さは8mm前後。
壷形で、下唇の中央は反り返り、雄しべは4個、突き出ているのが花中柱です。





 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 ゴマノハグサ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1m
 環境 低山の林の中
 分布 北海道〜九州
 名前 オオヤマレンゲ 葉は互生し、直径5〜10cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。雄蕊は、わずかに紅色を帯びた白色。






 別名 ミヤマレンゲ
 科名 モクレン
 属名 モクレン
 生活型 落葉広葉樹低木
 花期 5〜7
 草丈 1〜3m
 環境 低山の林の中
 分布 関東以西の本州・四国・九州・屋久島・中国
 名前 オオヨモギ 葉は茎の中央では長さ15〜20センチ、幅6〜12センチ、長楕円形で2〜3深裂して裂片になり、裂片の先がさらに深裂する
葉の表面は緑色、裏面は白い綿毛が密生して生えていて白く見える。花は8〜10月ころに、花柄の伸ばして花柄の片側に紅茶色の多数の頭花を円錐花序につける筒状花は、がくに見える総苞は3列、総苞片は細い



 別名
 科名 キク
 属名 ヨモギ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1〜2m
 環境 山地・草地
 分布 北海道・近畿以北
 名前 オオレイジンソウ 茎先に総状花序を出し、大きさ2〜3cmの白から黄味を帯びた花を咲かせる。
葉は7〜9裂し、裂片はまた細かく深く裂けている。






 別名
 科名 キンポウゲ
 属名 トリカブト
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 60〜100cm
 環境 山地・低山,森林・林縁
 分布 北海道・中部以北
 名前 オカトラノオ 地下茎を長くのばしてふえる。葉は互生し、長楕円形または狭卵形で、先端はとがる。茎にはまばらに短毛が生え、基部はやや赤みを帯びる。茎の先に一方
に偏って白い花を総状に付ける。名は、その姿を虎の尾に見立てた。





 別名
 科名 サクラソウ
 属名 オカトラノオ
 生活型 多年草
 花期 6〜7
 草丈 60〜100cm
 環境 日当たりの良い草原
 分布 北海道〜九州
 名前 オカメアジサイ このウズアジサイ(渦紫陽花)は、聞くところによると、この花びらが丸まったのは、突然、病気にかかり改良された結果だとかいわれている。






 別名 オタフクアジサイ、ウズアジサイ
 科名 ユキノシタ
 属名 アジサイ
 生活型 落葉低木
 花期 6〜7
 草丈 150cm
 環境 日蔭
 分布 園芸種
 名前 オガラバナ 枝先の穂状花序に、直径約4ミリの帯黄白色の花を多数つける。雄花と両性花がある。
葉は掌状で、5〜7個に浅裂〜中裂し、裂片には欠刻状の鋸歯がある。葉は秋に橙黄色になる。果実は2個の分果からなり、それぞれに翼がついて左右に開く。





 別名
 科名 カエデ
 属名 カエデ
 生活型 落葉小高木
 花期 8〜9
 草丈 3〜8m
 環境 山地から亜高山帯
 分布 北海道・奈良県以北
 名前 オキザリス







 別名
 科名 カタバミ
 属名 オキザリス
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈 5〜50cm
 環境 園芸種
 分布 中南米・南アフリカ原産
 名前 オキザリス・パルマ 日当たりと水はけのよい場所を好みます。暑い時期は葉っぱが枯れますが、気温が下がるとまた出てきます。また、気温が低いと葉が赤く紅葉します。水やり:乾いたらたっぷり。






 別名 孔雀の舞
 科名 カタバミ
 属名 カタバミ
 生活型 球根性宿根草
 花期 10〜11
 草丈 10〜70cm
 環境 園芸種
 分布 南アフリカ原産
 名前 オキナグサ 白い綿毛を付けたようすが白髪頭の老人に見えるから翁草。
根生葉は2回羽状複葉。花茎が1本まっすぐに伸び,先端に1つ花をつける。茎葉が途中に1カ所ついている。全体に白い毛が多く密生している。





 別名
 科名 キンボウゲ
 属名 オキナグサ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 10〜20cm
 環境 山地・低山
 分布 本州・四国・九州
 名前 オククルマムグラ 先端や葉の脇に集散花序をだし、白色で径3mmくらいの4弁花をつける。
葉は長楕円形で長さ2.5〜4cm、先が短くとがり、6枚輪生する。茎や葉の裏面中脈に下向きの刺状毛がある。





 別名
 科名 アカネ
 属名 ヤエムグラ
 生活型 1年草・越年草
 花期 5〜6
 草丈 20〜50cm
 環境 山地の林内
 分布 日本各地
 名前 オシロイバナ 日中のしおれた姿とはうってかわって、夕暮れになるとあざやかな花を開く。花色は紅色、白、黄色のほかに絞りのものもある。花の後には黒い大きな種子ができ、これをつぶすと、中に白い粉がある。





 別名
 科名 オシロイバナ
 属名 オシロイバナ
 生活型 多年草
 花期 7〜10
 草丈 100cm
 環境 道端・広場・公園
 分布 日本各地
 名前 オタカラコウ 根出葉は大きく、直径30〜40cm。1m近い葉柄がある。
黄色い花を次々と咲かせて高さ2mほどにもなる花序を形成する。






 別名
 科名 キク
 属名 メタカラコウ
 生活型 多年草
 花期 7〜9
 草丈 2m
 環境 暖温帯〜冷温帯の湿地
 分布 北海道〜九州
 名前 オトギリソウ 茎は円柱状で、上の方で分枝しています。
葉は対生、葉柄は無く、形は披針形で先は丸みをおびていて、長さ2〜6センチ、巾7〜20ミリ程です。





 別名
 科名 オトギリソウ
 属名 オトギリソウ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 50〜100cm
 環境 日当のよい原野、山地、道端
 分布 日本各地
 名前 オトコエシ 茎の下部には白い粗毛が多いが、上部では少ない。葉は対生し、長さ3〜15cmで、卵状長楕円形か羽状に切れ込み、鋸歯がある。花序は多数で枝分かれし、距のない小さな白花をつける。






 別名
 科名 オミナエシ
 属名 オミナエシ
 生活型 多年草/
 花期 7〜10
 草丈 1m
 環境 山地の草原や道端
 分布 北海道〜九州
 名前 オトメエンゴサク 落葉広葉樹林の湿り気のある林床に自生する。地中に直径1〜2cmの塊茎を形成し、そこから茎を伸ばして下から1枚の鱗片葉と2枚の本葉を分化し、茎の先端に距と呼ばれる筒状の器官を持つ小花を総状につける。
葉は互生し、小葉3枚からなる1〜2回3出複葉。小葉の形は変異が多い。
小花は4枚の花びらで構成され、唇状の形をした外側の上下2枚の花びらが動物的な花の姿を演出している。


 別名
 科名 ケシ
 属名 キケマン
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 10〜30cm
 環境 落葉広葉樹林の湿り気のある林床
 分布 日本固有種:本州
 名前 オトメツバキ 葉はヤブツバキに比べて小さい、卵形で脚、先端が尖っている。表面光沢があり葉脈、網状。花は3〜4月に開く八重咲、平開、花弁多く、花心がない。淡紅色、弁は円頭形、花びらが整然と重なっている。





 別名
 科名 ツバキ
 属名 ツバキ
 生活型 常緑高木
 花期 3〜4
 草丈 2.5m
 環境 栽培種
 分布 中国原産
 名前 オドリコソウ 葉は一節ごとに十字対生につく
花の色は淡紅色 白色 かすかに黄色を帯びるもの 淡紅色を帯びるもの等地域によて 違うことがある。
花冠は3〜4pで花の下半分は筒状で上半分は上下2唇上唇は帽子のようでおしべの花粉が雨にぬれないようになっている。下唇は3裂 その中央の裂片は大きく先が2裂している。



 別名
 科名 シソ
 属名 オドリコソウ
 生活型 多年草
 花期 4〜6
 草丈 30〜50cm
 環境 山野の道端 藪陰
 分布 北海道〜九州
名前 オナモミ 葉は長い柄がある卵状三角形で、3浅裂して縁に不揃いの粗い鋸歯がある。
雄花は茎先端に咲き、雌花は茎中途に咲き、ともに黄緑色で目立たないが、雌花は花の時から特徴の、かぎ状刺が有る。





 別名
 科名 キク
 属名 オナモミ
 生活型 1年草
 花期 8〜10
 草丈 20〜100cm
 環境 道端や空き地
 分布 日本各地
 名前 オニアザミ 茎には縮毛が多い。花期にも大きな根生葉が残り、葉には鋭い刺があり茎を抱く。頭花は数個が固まって下向きに咲き、総苞は暗紫色で粘る。






 別名
 科名 キク
 属名 アザミ
 生活型 多年草
 花期 6〜10
 草丈 60〜100cm
 環境 山地帯〜亜高山帯の草原
 分布 本州(中部以北)
 名前 オニシオガマ 白色の長い毛が密生している。花茎は太く、枝分かれせず茎頂に1個の花穂をつける。根際の葉は4〜6個あり長さ10〜30pで羽状に裂ける。茎葉は小さく羽状に裂けない。






 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 シオガマギク
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 30〜70cm
 環境 深山の沢沿
 分布 東北・関東・中部
 名前 オニシモツケ 葉は、一見単葉に見えるが、実は頂小葉だけが極端に大きい奇数羽状複葉である。頂小葉は円形で径20センチ程度になり、掌状に5中裂してカエデの葉の様である。花は茎の先に散房状の花序を出し、白色の小さな花を多数咲かせる。花弁は5枚で、おしべが花弁よりも長いため一つ一つの花をよく見ると線香花火の様で可愛らしい。




 別名
 科名 バラ
 属名 シモツケソウ
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 2m
 環境 日当の良い湿った草地
 分布 北海道・東北・関東・中部
 名前 オニタビラコ ロゼットを形成し、春から夏にかけて長い花茎を形成し、次々と黄色の花を咲かせる。種子には冠毛があり、風に乗って散布される。






 別名
 科名 キク
 属名 オニタビラコ
 生活型 1年・越年草
 花期 4〜10
 草丈 10〜100cm
 環境 道沿・造成地・公園や林縁
 分布 日本各地
 名前 オニドコロ 葉は互生し、雌雄異株で、円心形または三角状心形。葉のわきから長い花序をだし、淡黄緑色で6花披片の花を多数平開する。雌雄異株。雄花序は直立、雌花序は下垂する。完全雄しべは6個。さく果は倒卵状楕円形で3翼がある。種子の一方にも翼がある。(写真:雄花)





 別名
 科名 ヤマノイモ
 属名 ヤマノイモ
 生活型 1年草
 花期 7〜9
 草丈 50〜200cm
 環境 山野
 分布 北海道〜九州
 名前 オニノゲシ 茎は太くて中空。葉の鋸歯の先端は棘になっている。
頭花は黄色で直径約2cm。 果実はそう果。






 別名
 科名 キク
 属名 オニタビラコ
 生活型 1年草・越年草
 花期 5〜10
 草丈 50〜100cm
 環境 路傍・放棄畑・堤防
 分布 日本各地
 名前 オニユリ 茎の上半部には腺毛があって、新しい葉はすべて垂れていますが、すぐ横にひろがります。
花被片は橙赤色で内面に黒紫色の斑点と短い突起があります。






 別名
 科名 ユリ
 属名 ユリ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 2m
 環境 海岸に近い場所や斜面
 分布 北海道〜九州
 名前 オノエラン 高原の草地に生える日本特産の多年草。葉は茎基部に2枚あって長さ6〜10cm、幅2〜4cmの長楕円形で、先はやや尖り、基部は鞘状になる。
唇弁にW字形の黄色い斑紋が出るのが特徴。距は長さ2〜3mmで、基部がくびれて丸い。





 別名
 科名 ラン
 属名 ハクサンチドリ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 10〜15cm
 環境 低山〜高山の礫交の草地
 分布 本州(長野県以北)
 名前 オヒシバ 茎は扁平。葉は線形で長さ8〜20cm。幅3〜5mm。ふちには白い軟毛がある。茎の先に2〜6個の花序をだし、枝の片側に緑色の扁平な小穂が2列に並ぶ。小穂は長さ3〜3.5mmで、4〜5個の小花がつく。





 別名
 科名 イネ
 属名 オヒシバ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 8〜20cm
 環境 路傍や荒れ地
 分布 日本各地
 名前 オヘビイチゴ 根出葉は5小葉からなり、長い葉柄がある。花は5月から6月に咲き、直径8mm。萼片の下側に付く副萼片は小さくて目立たない。






 別名
 科名 バラ
 属名 キジムシロ
 生活型 多年草
 花期 5〜6
 草丈 10〜30cm
 環境 畦、放棄水田、土手、川原
 分布 本州・四国・九州
 名前 オヤマソバ 高山帯の風当たりの強い火山等の砂礫地に群生し、花は3〜4oの大きさで色は緑白色。円錐形に固まって咲く。葉柄がほとんどない。






 別名
 科名 タデ
 属名 オンタデ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 20〜40cm
 環境 火山等の砂礫地
 分布 北海道・本州(中部以北)
 名前 オヤマボクチ 茎は太くて多少白い毛がある。下部の葉は卵形で大きく下面に白い綿毛が密生し、上部の葉は小さい。
頭花は径4〜5cmで小花は紫色。





 別名
 科名 キク
 属名 ヤマボクチ
 生活型 多年草
 花期 9〜10
 草丈 1〜1.5m
 環境 山地の日の当たる草地
 分布 北海道・本・四国'
 名前 オヤマリンドウ 茎葉は披針形〜卵形で3脈、まれに
5脈あり、基部は広いくさび形か、
まるくてやや茎を抱いている。
根生葉と下部の茎葉は縮んで鱗片状になる。
花は青紫色で、茎の先の葉腋に
1〜7個つけ(↓は4個)、柄はない。
花冠は浅く5裂するが、開花時も
先がチョット開くだけで全開しない。
 別名
 科名 リンドウ
 属名 リンドウ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈
 環境 亜高山から高山
 分布 本州(東北)
 名前 オランダガラシ 根や茎は水の中から泥の中に、地上部は水より上にでる。茎は中空であり、水に浮かんで伸びる。水中に伸びた茎からは発根し、大きな群落を形成する。
花は総状花序につき、白色、径4−5mm。萼片は2.5−3mm、へら形。





 別名 クレソン
 科名 アブラナ
 属名 オランダガラシ
 生活型 多年草
 花期 4〜6
 草丈 20〜60cm
 環境 山間渓流
 分布 ヨーロッパ原産
 名前 オリヅルラン 葉の幅が広く、長さは短めで、生長しても小株を出さないのが特徴。やや耐寒性が弱く、温度が低いと、地上部を枯らして休眠する。覆輪斑の入る品種がある。






 別名
 科名 ユリ
 属名 オリヅルラン
 生活型 多年草
 花期 4〜8
 草丈 10〜20cm
 環境 園芸種
 分布 南アフリカ原産
 名前 オンタデ' 雌雄異株で葉は最初両面に毛があるが、成長すると毛が落ち、裏面が緑色になる。花は茎の先に円錐状に咲かせ、黄白色ないし黄緑色。






 別名
 科名 タデ
 属名 タデ
 生活型 多年草
 花期 6〜10
 草丈 40〜100cm
 環境 高山帯の砂礫地
 分布 北海道・本州(中部以北)
 名前 オンツツジ 葉は枝先に3枚輪生し、ひし形状または卵円形。花冠は朱色、まれに紅紫色で、上部内面に濃色のはん点があり、径4〜5cmでロート形をしています。






 別名
 科名 ツツジ
 属名 ツツジ
 生活型 落葉低木
 花期 近畿南部)・四国・九州
 草丈 3〜6m
 環境 日当たりの良い山地
 分布 近畿南部・四国・九州
 名前 オオキンケイギク 黄色のコスモスに似た花を咲かせます。
平成18年2月1日に「特定外来生物」の適用を受けている。
同じ種類のキンケイギクは野草で1年草。 オオキンケイギクは多年草、キンケイギクは花の中央部まわりに紫色の模様があるが、オオキンケイギクにはそれがない。
植栽培、譲渡、販売、輸出入が禁止されています。



 別名
 科名 キク
 属名 コレオブシス
 生活型 多年草
 花期 5〜7
 草丈 30〜70cm
 環境 路傍、河川敷、線路際、海岸
 分布 アメリカ原産