花の名前 検索
五十音 検索
(野草他)木の花
木の花 ア〜ノ ハ〜ワ
科名検索 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
色 検索 白色 ピンク 赤色 オレンジ 黄色 緑色 青色 紫色 茶色 混色
花期 検索
食べれる野草 野原 里山 水辺 海辺 木の実
 名前 ヒイラギナンテン 葉は奇数羽状複葉で、茎の先に集まって互生する。縁には荒い鋸歯がある。鋸歯の先は針状にとがる。花は、茎の先に長さ110〜15cmの総状花序が垂れ下がって付き、黄色の小さな花を多数開く。





 別名
 科名 メギ
 属名 ヒイラギナンテン
 生活型 常緑低木
 花期 3〜4
 草丈 1〜3m
 環境 庭木
 分布 台湾・中国・ヒマラヤ原産
 名前 ヒイラギモクセイ ギンモクセイとヒイラギの雑種。 葉は対生で葉はヒイラギより大きく、鋸歯は小形で数が多い。
雌雄別株  葉腋に香りのよい白い花を束生する。






 別名
 科名 モクセイ
 属名 キンモクセイ
 生活型 常緑小高木
 花期 9〜10
 草丈 4〜7m
 環境 生け垣
 分布 中国西南部原産
 名前 ヒオウギアヤメ 直径8 センチほどの青紫色の花をつけます。外花被片は広倒卵形で長さが5cmほどで垂れ下がり,基部に黄と紫の虎斑模様があります。内花被片は倒卵形で長さが 1 センチほどで,直立します。





 別名
 科名 アヤメ
 属名 アヤメ
 生活型 多年草
 花期 7〜8
 草丈 70cm
 環境 亜高山帯の湿地や高層湿原
 分布 日本各地
 名前 ヒカゲツツジ 葉は長楕円形で3〜8cm、先はとがり互生するが、枝先に輪生状に集まってつく。花冠は淡緑色、上側内面に濃緑色の斑点があり、広漏斗形で大きさは5cm程度。






 別名
 科名 ツツジ
 属名 ツツジ
 生活型 常緑低木
 花期 4〜5
 草丈 1〜2m
 環境 山地の崖や岩の上
 分布 本州(関東以西)・四国・九州
 名前 ヒガンバナ 散系花序で6枚の花弁が放射状につく。
花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5〜7個前後の花がつく。開花後、長さ30〜50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。




 別名 マンジュシャゲ
 科名 ヒガンバナ
 属名 ヒガンバナ
 生活型 多年草
 花期 9〜10
 草丈 30〜50cm
 環境 道端・土手・畦
 分布 本州・四国・九州
 名前 ヒゴスミレ 花は白色で紫の脈がある。花弁は長さ10−15_側弁には少し毛があり 多少香気がある。葉は5裂し、各裂片はさらに細かく裂ける。 長さ3〜6cm。
類似種のエイザンスミレは葉が3裂する。





 別名
 科名 スミレ
 属名 スミレ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 7〜10cm
 環境 山地
 分布 本州(秋田件以南)・四国・九州
 名前 ヒゴタイ 葉はアザミに似て切れ込みがあり、棘を有する。花茎が1〜1.5m程度直立し、その先に直径5cm程の青い球形の花が咲く。これは瑠璃色の小さな花が球状にかたまって咲く。






 別名
 科名 キク
 属名 ヒゴタイ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1〜1.5m
 環境 日当たりの良い山野
 分布 本州(広島・愛知・岐阜)・四国・九州
 名前 ヒダカミセバヤ 5枚の花弁を持ち、星型の花を密集させて咲く。小さい花は淡紅色の五弁花。 葉は対生し、粉白色で扁平で円頭、柄は短く、卵形〜楕円形です。少数の波状鋸歯があり、長さは2pほどです。






                  
 別名
 科名 ベンケイソウ
 属名 ムラサキベンケイソウ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 10〜15cm
 環境 日当たりの良い岩場
 分布 北海道
 名前 ヒダボタン 茎は暗紅色を帯び、茎には葉が無い事が多く、茎上部の苞が鮮黄色で、萼裂片が直立し、葯が萼裂片と同高で紅褐色。






 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 ネコノメソウ
 生活型 多年草
 花期 3〜5
 草丈 5〜10cm
 環境 低山の水が滲み出す様な場所
 分布 本州(岐阜・福井
 名前 ビッチュウアザミ 花期に根出葉はなく、葉は羽根状に中裂し、茎をだく。よく枝分かれし、細長く伸びた枝先に、淡紅紫色の頭花をつけ、筒形の総包に粘りけがある。






 別名
 科名 キク
 属名 アザミ
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 1〜2m
 環境 林縁
 分布 本州(兵庫県以西〜中国地方)
 名前 ビッチュウフウロ 葉は5角状扁心形で掌状に5深裂し、裂片はさらに1〜2回3出状に切れ込む。花は淡紅紫色で径約2cm、花弁には濃色の脈があり基部内面に長毛がある。






 別名
 科名 フウロソウ
 属名 フウロソウ
 生活型 多年草
 花期 8〜11
 草丈 30〜90cm
 環境 山の草地・湿原の周辺
 分布 本州(中部・近畿・中国)
 名前 ヒトツバタゴ 雌雄異株。葉は対生して楕円形、長さ4〜8cmでや や厚く裏面に細毛がある。
花は枝先に長さ5〜8cmの円錐花序をつ くって白く、花冠は深く4裂し長さ15mmで細長い。






 別名 ナンジャモンジャ
 科名 モクセイ
 属名 ヒトツバタゴ
 生活型 落葉高木
 花期 5〜6
 草丈 25〜30m
 環境 暖地の山野
 分布 本州(愛知・岐阜県)・九州
 名前 ヒトリシズカ 茎は紫褐色で節がある。 茎先に4枚の葉が輪生状に対生する。葉は光沢がある。 
葉が開ききる前に穂状花序を伸ばし、花をつけるが、白い花のように見える部分は雄しべの集まり。





 別名
 科名 センリョウ
 属名 チャラン
 生活型 多年草
 花期
 草丈 20〜30cm
 環境 林の中・湿った木陰
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 ヒナザクラ 根生葉は、数枚で小さく長さ2〜4センチの倒卵形、上部に5〜9個の鋸歯がある
花は、7〜8月、細い花茎を10〜15センチ伸ばして先端に数個の白い花をつける。
花の大きさは1〜1.2センチ、花冠は5裂、さらに裂片は中裂する。




 別名
 科名 サクラソウ
 属名 サクラソウ
 生活型 多年草
 花期 6〜9
 草丈 10〜15cm
 環境 亜高山帯〜高山帯の湿った草地
 分布 本州(東北)
 名前 ヒナソウ 高盆形の4裂した可愛い花が小花柄の上に単生するが、株全体としては多数の花が咲く。花色は白または青で、中心部が黄色。






 別名
 科名 アカネ
 属名 ヒナソウ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 10cm前後
 環境 湿った草原や岩の傾斜地
 分布 北米原産
 名前 ヒナタイノコズチ 茎は四角形で節はやや膨らみ,赤紫色を帯びています。花は緑色で小さいためあまり目立ちませんが,夏から秋にかけて茎の先端に穂状に咲きます。






 別名
 科名 ヒユ
 属名 イノコズチ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 50〜100cm
 環境 道端や荒地
 分布 北海道・本州・四国
 名前 ヒペリカム・カリシナム(ビヨウヤナギ) 黄色の5枚の花弁のある花を咲かせる。キンシバイにも似るが、特に雄しべが長く多数あり、よく目立つ。雄蕊の基部は5つの束になっている。葉は十字対生する。






 別名
 科名 オトギリソウ
 属名 オトギリソウ
 生活型 半落葉低木
 花期 6〜7
 草丈 50〜150cm
 環境 庭木
 分布 中国原産
 名前 ヒマラヤザクラ ヒマラヤ山脈の標高1100〜2300.の暖温帯に分布している。二酸化窒素の吸収同化能力が優れていることがわかり環境浄化木として注目されているらしい。
これはサクランボ。






 別名
 科名 バラ
 属名 サクラ
 生活型 落葉小高木
 花期 11〜12
 草丈 7m
 環境
 分布 ネパール原産
 名前 ヒマラヤザクラ ヒマラヤ山脈の標高1100〜2300.の暖温帯に分布している。二酸化窒素の吸収同化能力が優れていることがわかり環境浄化木として注目されているらしい。
これはサクランボ。






 別名
 科名 バラ
 属名 サクラ
 生活型 落葉小高木
 花期 11〜12
 草丈 7m
 環境
 分布 ネパール原産
 名前 ヒマラヤトキワサンザシ 葉は互生(ごせい)し,表面には光沢がある。両面とも無毛。縁には細かな鋸歯がある。
短いえだのさきに散房花序をだし、直径1cmの白い花を多数開く。
果実は直径7〜8mmの球形で、10月頃、光沢のある橙紅色又は橙赤色に熟す。


 別名
 科名 バラ
 属名 トキワサンザシ
 生活型 常緑低木
 花期 5〜6
 草丈 2〜6m
 環境 庭木
 分布 ヒマラヤ原産
 名前 ヒマラヤユキノシタ 葉は長さ10〜20cm、幅10cmほどのキャベツに似た形で、らせん状に茎につきロゼットをつくる。桃色の花が春に多数、集散花序をなして咲き美しい。耐寒性が高く育てやすい。





 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 ベルゲニア
 生活型 常緑多年草
 花期 3〜5
 草丈 40cm
 環境 林下や岩の間
 分布 ヒマラヤ地方原産
 名前 ヒメアオキ 葉の形は長楕円形で葉の縁には粗い鋸歯がある。幹は直立せず積雪にまかせるように横這いし、葉がつく部分で斜めに立ち上がる。
小さい褐色の花をつける。





 別名
 科名 ミズキ
 属名 アオキ
 生活型 常緑低木
 花期 3〜5
 草丈 1m
 環境 山地の林内、林縁のやや日陰になる場所
 分布 本州(宮城県以西)・四国・九州・沖縄
 名前 ヒメアセビ 葉は糸状または線状披針形で縁にあらい歯牙がある。







 別名
 科名 ツツジ
 属名 アセビ
 生活型 常緑低木
 花期
 草丈 20〜70cm
 環境 園芸品種
 分布 本州(山形以西)・四国・九州
 名前 ヒメイワダレソウ 葉の脇から花茎を立て、長さ5ミリくらいの小さな筒形の花をつける。 花冠の先は唇形で
平らに開く。 花の色は白ないし淡い紅紫色で、つけ根の部分にオレンジ色の斑紋がある。
丈夫なので、グラウンドカバーとして使われたり、雑草を抑制する目的で使われたりする。





 別名 リビアカネスケンス
 科名 クマツヅラ
 属名 イワダレソウ
 生活型 多年草
 花期 5〜9
 草丈 5〜15cm
 環境 園芸品種
 分布 南アフリカ原産
 名前 ヒメウズ 茎は細く直立して、細い枝を出す。
根生葉は3出複葉で長い柄がある 小葉は3裂する。茎葉は葉柄が短く、基部は茎を抱く。 ともに裏面は紫色を帯びている。花は白っぽい外側の花びらのようなものは蕚。内側の黄色っぽいものが花弁。




 別名
 科名 キンボウゲ
 属名 ヒメウズ
 生活型 多年草
 花期 3〜5
 草丈 15〜30cm
 環境 路傍・畑の畦・林縁
 分布 本州(関東以西)・四国・九州
 名前 ヒメウツギ 伸びた茎の先に白い花を穂状に咲かせます。花後その枝が垂れてほふくして横に伸びる。
葉は細長く縁のギザギザが目立つ。






 別名
 科名 ユキノシタ
 属名 ウツギ
 生活型 落葉低木
 花期 5〜6
 草丈 1m
 環境 日当たりのよいやや乾燥した所
 分布 本州(関東以西)・四国・九州
 名前 ヒメオドリコソウ 茎は短い毛を持つ。葉身は長さ2から4cm程度の卵円形で縁は鈍い鋸歯を持つ。葉脈は網目状で窪み、全体に皺があるように見える。上部では暗紫色を帯びる。花は明るい赤紫色の唇形花で、上部の葉の脇から外側に向かって開き、上から見ると放射状に並ぶ。





 別名
 科名 シソ
 属名 オドリコソウ
 生活型 越年草
 花期 3〜5
 草丈 10〜25cm
 環境 空地
 分布 日本各地
 名前 ヒメカンスゲ 葉は堅くて細長く、巾は2〜4mm、深緑でつやがある。。縁はかなりざらつく。常緑性。少数株が集まり、地下か地表に匍匐茎を出す。根元の鞘は紫に色づく。花茎は高さは10〜40cm、先端の頂小穂は雄小穂で、黒褐色から褐色でやや太い楕円形。その下には互いに離れて数個の雌小穂が出る。




 別名
 科名 カヤツリグサ
 属名 スゲ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 10〜40cm
 環境 山道の路傍
 分布 北海道〜九州
 名前 ヒメクグ 葉は狭い線形で柔らかく、揉むと独特の甘い香りがします。また葉縁と裏面に刺し毛が生えるため、葉先から根の側に向かって触ると少しザラザラした触感がします。基部の葉は短く、葉鞘は褐色または赤褐色を帯びることがあります。





 別名
 科名 カヤツリグサ
 属名 ヒメクグ
 生活型 多年草
 花期 5〜10
 草丈 10〜30cm
 環境 湿った場所
 分布 日本各地
 名前 ヒメコバンソウ 葉は黄緑色で全ての葉はほぼ垂直に立っています。苞葉の中から細い茎を出して、茎の先の円錐花序に小さなおむすび状の緑色の小穂をたくさんつけます。






 別名 スズガヤ
 科名 イネ
 属名 コバンソウ
 生活型 1年草
 花期 6〜8
 草丈 10〜60cm
 環境 路傍・堤防・草地
 分布 日本各地
 名前 ヒメシャクナゲ 葉は広線形で、長さは1.5〜3.5 cm、幅は3〜7 mm。縁は外側に曲がり、裏は粉白色を帯びる。枝先に紅色、まれに白色の花が数個下向きにつく。花冠は長さ5〜6 mmの球壷形で、浅く5つに裂ける。





 別名
 科名 ツツジ
 属名 ヒメシャクナゲ
 生活型 常緑小低木
 花期 6〜7
 草丈 10〜30cm
 環境 亜高山帯〜高山帯のミズゴケ湿原
 分布 北海道・本州(中部地方以北)
 名前 ヒメシャグマユリ 日当たりの良い草地などに生育する。 葉は線形。束生。細鋸歯がある。 筒状の花を総状花序。 「赤熊」とは旗や槍、帽子などにつかう装飾。 明治の中頃に渡来したらしい






 別名 トリトマ
 科名 ツルボラン  旧ユリ科
 属名 シャグマユリ
 生活型 常緑多年草
 花期 6〜10
 草丈 60cm
 環境 南アフリカ高地原産   帰化植物
 分布
 名前 ヒメジョオン 若い時期は、根本から長い柄のついた丸みを帯びた葉(根出葉)を付ける。やがて、茎が高く伸びると、根本の葉は無くなり、茎から出る細長い葉だけになる。茎と葉は黄緑色で、まばらに毛が生える。茎ははじめは枝分かれせず、先の方で数回の枝分かれをして、白か薄紫の花を咲かせる。




 別名
 科名 キク
 属名 ムカシヨモギ
 生活型 多年草
 花期 4〜6
 草丈 50〜100cm
 環境 堤防・放牧地・道端
 分布 日本各地
 名前 ヒメシラスゲ 茎は疎生し高さ20cm内外になり,中部に1個の葉がある。葉は草質で幅5〜8mm。花は晩春から夏に咲き,雄花穂は1個で頂生し,長さ2cm内外。雌花穂は円柱状で長さ1.5〜3cm,無柄で密に花をつける。





 別名
 科名 カヤツリグサ
 属名 スゲ
 生活型 多年草
 花期 6〜9
 草丈 20cm
 環境 山地の林縁・湿り気のある草地
 分布 日本各地
 名前 ヒメスイバ 雌雄異株。一つの花茎には数百個の小花が咲く。まとまった群落では花期には花序が目立ち、赤あるいはオレンジ色に染まる。






 別名
 科名 タデ
 属名 ギシギシ
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 20〜40cm
 環境 路傍・荒れ地
 分布 日本各地
 名前 ヒメスミレ 葉身は三角状披針形。 長さ3〜4cm。 葉の裏面は紫色を帯びる。 葉柄に翼はない。葉縁には鋸歯がある。
花は濃紫色。 花の直径1〜1.5cm。





 別名
 科名 スミレ
 属名 スミレ
 生活型 多年草
 花期 3〜5
 草丈 4〜8cm
 環境 人家近くに
 分布 本州(秋田県以南)・四国・九州
 名前 ヒメナベワリ 葉腋から3〜5cmの花茎をだして、黄緑色の花が下向きに咲く。花被片はかなり反曲してふちが外側に巻く。ナベワリに似るが、茎葉は大きくて光沢があり、花はより小形で、花被片の大きさと形は4個ともほぼ同じ。





 別名
 科名 ビャクブ
 属名 ナベワリ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 20〜50cm
 環境 山地の木陰
 分布 本州(中国)・四国・九州
 名前 ヒメフウロ 葉は対生し、深く3〜5 裂し,更に細かく裂けている。全体に軟らかい。腺毛があって一種の独特なにおいがある。花径約1.5cm。






 別名
 科名 フウロソウ
 属名 フウロソウ
 生活型 1〜越年草
 花期 5〜8
 草丈 20〜60cm
 環境 石灰岩地
 分布 伊吹山・剣山
 名前 ヒメヤシャブシ 葉は単葉で互生。葉身は長楕円状披針形または卵状長楕円形。長さ4〜12cm。
幅は2〜4.5cm。葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。葉縁は低い重鋸歯。
葉先は細長い鋭尖頭。側脈は16〜26対。
雄花は垂れ下がり、花序は長い。雌花は3個ほど垂れ下がって咲く。




 別名 ハゲシバリ
 科名 カバノキ
 属名 ハンノキ
 生活型 常緑低木〜小高木
 花期
 草丈 5〜6m
 環境 崩壊地に多く、植栽されている。
 分布 北海道・本州・四国
 名前 ヒメレンゲ 花は直径1pほどで、花弁は5個10個の葯が赤くなり黄色い花にアクセントを添えている。葉は互生し、茎の中ほどにつく葉はさじ形であり、花に近い葉は細くとがる。花後走出枝を出し先端にロゼットをつけて越冬する。





 別名
 科名 ベンケイソウ
 属名 キリンソウ
 生活型 多年草
 花期 4〜5
 草丈 5〜15cm
 環境 沢沿いの岩上
 分布 本州(関東・中部・近畿・中国)・九州
 名前 ヒヤシンス 花色の多い豪華な花で、強い香りを放ちます。 鉢植えや庭植えで用いられる品種と、主に水栽培で用いられる品種に分けられます 花は花弁が反り返る小花が固まって咲き、花色は青や赤、黄色など豊富にそろいます。 八重咲種もあります。花の香りはかなり強いです 葉はやや肉厚なU字状です。




 別名
 科名 ユリ
 属名 ヒヤシンス
 生活型 水栽培:秋植え球根
 花期 3〜4
 草丈 〜30cm
 環境 日当たりと水はけのよい場所
 分布 南関東以南
 名前 ヒュウガオウレン 茎先に白い小さな花を咲かせる。 花弁のように見えるのは萼片である。
バイカオウレンに似ている。






 別名
 科名 キンポウゲ
 属名 オウレン
 生活型 多年草
 花期 3〜4
 草丈 10cm
 環境 山地
 分布 宮崎県・鹿児島県
 名前 ヒュウガミヅキ 多数分枝、枝は細長く折れやすい。葉は互生し長さ2.5〜4cm、薄く、裏面は有毛。
花は、葉に先立ち穂状に垂れ下がる。小花は1〜3個。苞葉は大きい。






 別名 イヨミズキ
 科名 マンサク
 属名 トサミズキ
 生活型 落葉低木
 花期 3〜4
 草丈 2〜3m
 環境 庭木や公園木・山地
 分布 本州(石川・福井・兵庫・京都府)
 名前 ヒヨクソウ 葉は卵形で、不揃いの鋸歯があり対生します。全体が軟毛に被われています。6月から7月ごろ、葉腋から長い対になった花序をだし、淡い紫色の花を咲かせます。






 別名
 科名 ゴマノハグサ
 属名 クワガタソウ
 生活型 多年草
 花期 6〜8
 草丈 30〜60cm
 環境 日当たり の良い林縁や草原
 分布 北海道・本州・四国
 名前 ヒヨドリジョウゴ 全草に柔らかな腺毛があり葉柄が他のものに絡みつきます。葉は変形が多く、卵状からアサガオの葉のようなものまであり、下部の葉は深裂します。
花は、8〜10月に葉と向き合って、まばらに集散花序をつけ、小さい白色で花冠は5裂、反転した花がつきます。




 別名
 科名 ナス
 属名 ナス
 生活型 多年草
 花期 8〜10
 草丈 つる性
 環境 山地・山すそ
 分布 日本各地
 名前 ヒヨドリバナ ヨツバヒヨドリと似ていますが、葉が輪生しないことと、、フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。茎葉は細長く立ち上がり、葉は対生し、あらい鋸歯がある。






 別名
 科名 キク
 属名 フジバカマ
 生活型 多年草
 花期 8〜9
 草丈 1m
 環境 林道の脇・草原・渓流沿
 分布 日本各地
 名前 ヒルガオ 薄いピンク色で直径5〜6cmの花を咲かせる。花の形は漏斗形。
葉は長楕円形で長さ5〜10cm、基部の両側に耳状に尖る。葉柄は1-4a、茎に互生する。






 別名
 科名 ヒルガオ
 属名 ヒルガオ
 生活型 多年草
 花期 6〜9
 草丈 つる性
 環境 道端
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 ヒルザキツキミソウ 葉は披針形で、葉縁に波状の鋸歯があり、互生して付きます。
4-5cmくらいの大きさの、白または薄いピンク色の花を付ける。花弁の数は4枚で、8本の雄蕊と、先端が十字型をした雌蕊がある。





 別名
 科名 アカバナ
 属名 マツヨイグサ
 生活型 多年草
 花期 5〜7
 草丈 30〜45cm
 環境 人里・田畑・草原・市街地
 分布 本州(関東以西)
 名前 ヒレアザミ アザミなどに似た草姿であるが、その仲間ではない。ヒレアザミは葉だけでなく、茎に凹凸のある翼があり、これに鋭い棘がある。花の色はピンクや白がある。






 別名
 科名 キク
 属名 ヒレアザミ
 生活型 越年草
 花期 5〜7
 草丈 1m
 環境 土手・荒れ地
 分布 本州・四国・九州
 名前 ヒロハシモツケ 葉は幅広い卵形で1〜8cmある。
花は淡紅色から濃い紅色で、今年枝の先端の複散房状花序に密に着く。






 別名
 科名 バラ
 属名 シモツケ
 生活型 落葉低木
 花期 5〜8
 草丈 1.5m
 環境 山頂の花畑
 分布 伊吹山
 名前 ヒロハテンナンショウ 葉は複葉で1〜2枚で掌状複葉、葉柄の根元は葉鞘となって筒状に重なり、一見茎のようにみえるため偽茎とよばれる。肉穂花序と特徴的な仏炎苞をもつ。秋には仏炎苞は枯れて朱色や赤の熟した果実が目立つようになる。





 別名
 科名 サトイモ
 属名 テンナンショウ
 生活型 多年草 球根
 花期 4〜5
 草丈 50cm
 環境 森の木陰
 分布 日本列島、朝鮮半島
 名前 ヒロハユキザサ 葉は広楕円形で表面は無毛で、花序と葉の裏面もほとんど無毛。花は淡緑色。同じく花が淡緑色のヤマトユキザサ(オオバユキザサ)は、茎が暗紫色を帯び、花序に短い軟毛がやや密に生える。





 別名
 科名 ユリ
 属名 ユキザサ
 生活型 多年草
 花期
 草丈 45〜70cm
 環境 亜高山帯〜高山帯の針葉樹林内
 分布 北海道・本州・四国・九州
 名前 ヒロハフウリンホオズキ 茎は直立し、よく分枝し、枝を横に広げる。葉柄の溝にまばらな毛が生える程度で、
茎や葉はほとんど無毛。葉は長さ4〜10p、幅3〜6pの卵形、縁は不規則に切れ込み、先が尖り、基部は不等な楔形。淡黄色の花を横向き又はやや上向きにつける。
花冠は五角形、長さ4〜12o、幅6〜12o、普通、班紋がなく、ときに花冠の奥が褐色
を帯び、褐色の濃さには個体差がある。葯は青色〜紫色、長さ2〜2.5o。ホオズキ
(宿存萼)は10稜があり、長さ(20)23〜30(35)o、幅15〜25oになり、始め緑色で、
次第に脈が紫褐色を帯び、熟すと全体が紫褐色になる。中の液果は直径8〜14oの
球形、始めは緑色、、乾くと淡褐色、ときに紫褐色の斑点が出てやや赤色を帯びる。
種子は長さ1〜1.5(2)oの扁平な卵形、淡黄色。
 別名
 科名 ナス
 属名 ホオズキ
 生活型 1年草
 花期 7〜10
 草丈 40〜80cm
 環境 畑、道端
 分布 帰化植物、アメリカ原産